本文へスキップ

TeaTimeは秋田県の雑貨店です。

雑貨の小部屋 vol.35

師走に寄せて


夜半過ぎからの雨混じりの強い風・・・
ああ 今年のカレンダーも一枚になってしまった。


年明けから、これでもかというくらいに苦難が降りかかってきて、
長い長〜い一年だった。


一方、そんな中にあっても、
映画や音楽、舞台や本等、例年になく深く係わり
感銘を受けることが多い一年でもあった。


とにかく長かったなあ・・・と、
カレンダーの最後の一枚を見ながら改めて思う。


                不思議だと思いませんか?

           物理的には世界中の人々に、同じように時が流れているのに
                時間は決して同じ長さではない。
              ほんの一瞬に思えたり、永遠に思えたり・・・


 
     私の周りは時間がとてもゆっくり、ゆっくり、
     スローモーションで過ぎていく。

     だから、例えば50歳で死んでも、
     100年以上生きていたような感じがするのだと思う。
     それが、長く生きるという事なのだろう。






        何年生きたか! ではなく、 どう生きたか!
          そしたら年齢も意味のないものになる。
           ただの記号のように思えるだけ。

    その記号にまた、1を加えて、新しい年がそこまで来ている。


           元旦は、昨日の続きには違いないけれど、
          毎年 真新しい気持ちになれるから大好きです。







    私たちの仕事も、年間で最高に忙しい時。
  大変なことや、嫌なことはもちろんあるだろうけど、
  明るく優しい、自由な心で新年を迎えたいものです。



       来年も宜しくお願い致します。